中学受験の基礎知識

中学受験という言葉は今や首都圏や、大阪などでは常識となっているほど普及しています。とはいえそれは首都圏を中心とした都会での話で、中学受験と言われてもピンとこないなーという人がまだほとんどなのではないでしょうか?しかし自分の子供の事を考えたとき中学受験をしないにしても選択肢と1つとしてでも、知識があるのと、無いのではまるで違うといえるでしょう。


このページでは今までよく分からなかった中学受験の知識を集めて紹介することによって、子供の将来の選択肢を増やすことを目的としています。特に中学受験を進めるつもりはありませんが、中学受験の知識を持った上で家族と一緒に考えてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

中学受験の種類

まず、中学受験というと2つの種類があるようです。1つ目は私立中学を受験して入学を目指すという選択肢、2つ目は効率の中高一貫の学校を受験するという選択肢です。

 

どちらの場合でも中高一貫になるのですが、学力テストによる選抜と、公立校では適性検査が行われるのが普通です。受験科目は学校によってまちまちで基本は国語と算数なのですが、こと2教科のみの学校もあれば理科や社会が入ってくる学校もあるので、問い合わせをしてみましょう。

 

そして問題の難易度ですがはっきり言って高いです。小学校で教わった知識のみでは試験に受かることは到底不可能でしょう。では、中学受験を志す子供はどうやって勉強しているのでしょうか。家で勉強しているという子供さんはよっぽど親御さんの教育が行き届いている家庭でしょう、しかし遊びたい盛りの子供に受験のために勉強させるのはとても難しいことです。よってほとんどの子供さんは塾通いをしているということになります。さらに近年の中学受験の増加によって、国語と算数をメインに受験の難易度はウナギ登りに上がっています。小学校の範囲を超えた中学受験の問題に太刀打ちできるのは塾通いしかないのです。

 

また、人気校などでは入学希望が集中するため、抽選などを行って選ばれた子供にだけ受験を行うというシステムを取っているところが多かったのですが、このような抽選は平等ではないとして、全国的に廃止の方向にむかっています。

 

適性検査の内容について

公立の中高一貫では私立大学にはない「適性検査」というテストがあります。このテストでは一般的に、「適性検査I」と「適性検査II」に分かれており、国語や算数などの科目をわけない総合的な問題が出題され、この中には、作文や、聞き取りなどの問題も含まれています。

 

しかし、この「適性検査」の難易度はあまり高くないのが一般的で、学校によっては難しい問題を出すところもあるようなのですが、基本的には小学校で習った内容を理解していれば説けるように調整されていることが多いようです。しかし、作文などは、子供によって向き不向きがあり、時間が掛かってしまう場合もあります。このような場合は、作文の練習をしてある程度速く、内容のしっかりした文章が書けるようにしておかないと時間が足りずにすべての問題を説かないうちに終わってしまう恐れがありますので、準備はしっかりしていくべきでしょう。

 

近年、公立中高一貫の学校はどんどん増えてきており、人気の高い学校に入るためには10倍以上の倍率を勝ち抜かなくてはいけないといったことも珍しくありません。このような中学受験需要にあやかろうと、学習塾や、通信教育の商品も続々と発売されています。「良い学校=良い人間に育つ」という訳ではありませんが、中学受験を勝ち抜くためには生半可な気持ちでは無理な時代になりつつあるようです。



注目サイト

神奈川でのゴルフは小田原城カントリー倶楽部

ハウスクリーニングのプロ【東京】

ロレックス(レディース向け)

激安!太陽光発電ドットコム 長野県北信地区

ミニ盆栽ならSHOP盆栽アートあゆみ

2014 (C) 中学受験成功の秘訣.